バッグの中身シリーズ<手帳へのこだわり>

バッグの中身シリーズ<手帳へのこだわり>

外出時に必要なさまざまなアイテムをひとつにまとめる「バッグ」

バッグの中って知らず知らずのうちに私たちの個性が詰まっていると思いませんか。

 

バッグの中と収納の仕方を見ると家の中が分かる、という説もあるほどです。

みんなどんなものを入れているんだろう?

というシンプルな興味から、まずは自分のバッグの中をご紹介することにしました!

 

 

基本的には、お気に入りしか持ちたくない。

シンプルで上品だけどちょっと派手なものも好き。

そんな私のバッグの中身をご覧ください!

 

バッグの中身シリーズ 手帳編

 

スケジュール管理は手帳派です。

ここ数年お気に入りなのが「SUNNY手帳」

 

スマホでの管理も並行して行っていますが、やっぱり手帳がしっくりくるアナログ世代(笑)

スケジュール以外にも頭の中の整理やメモなどノートとしても使っています。

2020年まではバーチカル派だったのですが、2021年からはマンスリーにしてみました。

どちらが使いやすいか実験中です。

 

お気に入りポイント1:罫線が薄くてレイアウトがシンプル

 

そろそろ翌年の手帳が出始める頃でしょうか。

皆さんは手帳のどの部分を見て選んでいますか。

色んなこだわりポイントがあるでしょうが、私は罫線がものすごく大事なんです。

 

罫線がはっきりクッキリしている手帳って、しんどくないですか?

開いた瞬間に「あ。これはアカン。」ってパタンと閉じちゃう。

文字を書いてこそ完成する手帳なのに、もう書く前から完成しちゃって

文字を書いても文字が引き立たない感じがするんです。

 

なので、いくらレイアウトが素敵でも罫線がダメだともう落選です。

そんなめんどくさい私が惚れたのがこの「SUNNY手帳」なんです。

薄くて控えめな罫線。

シンプルなレイアウト(コレも大事)

でも、ものすごく見やすい。

完璧かよ!って感じです(笑)

 

お気に入りポイント2:メモページがたくさんある

 

昔は、手帳とは別にノートを持ち歩いていました。

でも、忘れ物大王の私はよく忘れるんです。

なので、手帳とノートを1冊にまとめたい!

でも、手帳の後ろの方に「とりあえずつけといたで!」みたいな数ページのノートでは足りない。

 

という訳で、ガッツリとメモして下さい!みたいな手帳じゃないとダメなんです。

この「SUNNY手帳」のメモ欄はかなり優秀。

薄い罫線で方眼になっているので、文字はもちろん絵も描きやすい。

インデックスまでついています(使ってないけど・笑)

 

 

熱く語った手帳について。

最近では、スマホでもスケジュール管理していますが

やっぱり書かないと覚えられない事や細々したタスクやTODOなど

手帳だからこそ管理できる情報もあると思う昭和な女なのでした。

 


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です